病院を運営しているなら電子カルテを導入するべき

レジ

知って得するポス

便利な商品POSはお店の経営を助けてくれる救世主といえるので導入するまでどんな流れなのか知っておくといいでしょう。会社の選定から始まり問い合わせを経て気に入れば導入を決定します。そして講習や設備設置を行い本格的に使えるようになるのです。

クレジットカード

利用できることが当たり前

最近ではクレジットカード決済を利用できない店を探すのが難しくなっているほどです。海外旅行者なども一般的に使用するのが国際ブランドのクレジットカードです。インバウンド需要などの恩恵を受けるためには、クレジットカードを利用できることが最低限の条件なのです。

電子カルテで一括管理

パソコン

業務効率化システム

一昔前まで手書きで行われていた医師によるカルテへの書き込み作業も、近年はパソコン上で行われるようになりました。その際に利用されているのが、電子カルテというシステムです。書面で行っていたカルテの管理を、パソコン上で一括して行えるシステムで、医師だけでなく受付や会計でも共有できるため、作業の効率化が期待できます。また、カルテに万が一記入ミスがあった場合にも、電子カルテは複数の自動チェック機能が搭載されているため、ミスが起こればすぐに知らせてくれます。診察だけでなく予約状況の管理もできるので、受付で体調の悪い患者さんを長く待たせるということもなくなるでしょう。電子カルテを利用すれば、情報管理を一元化することが可能です。同じ病院内だけでなく、検査センターなどの外部とも情報を共有できるので、手間が掛からずに迅速に検査結果を得ることができます。電子カルテの導入には、購入とリースの二通りの方法があります。リースでも月に数万円かかるので、小規模な病院では割に合わないというところもあるでしょうが、利便性と照らし合わせれば損ではないはずです。大手病院であれば、むしろ安く済むでしょう。電子カルテのシステム自体は、パソコンが利用できる人であれば問題なく使用することができます。年配の医師のために文字表示を拡大すれば、不便な思いはしないはずです。病院の規模や機能内容をよくみて、導入を検討してみましょう。

ビル

アジア進出をサポート

インドネシアは人口も多く景気も上がっている国のため、生産系の仕事の他にも商品の販売先としても注目を集めています。日本人でもインドネシアに会社設立を考える人が増えているため、それを支える海外進出サポート業者も多くなっています。